こむらがえりの対処と予防法

明け方型こむら返り…痛い!怖い!不安!

その時、足は冷えにさらされていませんか?

◎なぜ、こむら返りは明け方に多いのでしょう
明け方は気温が最も低くなり、身体を冷やします。
体温も明け方(3~6時)が最も血流量が少なくなり、こむら返りが起こりやすくなります。

◎そんな就寝中のこむら返りの対策は
ふらはぎは冷えに気が付きにくい部位ですから、常に冷やさない事が大切です。
冷やさず穏やかな血行を保ち、血流が良くなれば新鮮な酸素や栄養素が供給され、
老廃物も排出されやすくなります。
お風呂上りの温まった状態のうちに、ふくらはぎ専用ウォーマーを履いて寝るだけ!
簡単でもっとも有効な方法です!

ふくらはぎを温める専用ウォーマー【ミーテ・ライトロング】



 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です